2007年07月17日

「チャンスだと思ってあの位置にいた」巻誠一郎=サッカー日本代表

「チャンスだと思ってあの位置にいた」巻誠一郎=サッカー日本代表7月16日22時30分配信 スポーツナビ

 サッカー日本代表は16日、ベトナムのハノイでアジアカップ・グループリーグB組第3戦のベトナム戦に臨み、巻誠一郎(千葉)の2得点などで4−1の勝利を収め、B組首位で決勝トーナメント進出を決めた。
 以下は試合後の、巻のコメント。

「試合によって役割は変わるけど、チームがスムーズにいくようにするのが僕の役割。(UAE戦から)中2日だったけど、そんなに気にはならなかった。前半はちょっと暑かったが、ベトナムも後半は運動量が落ちた。どちらが有利というわけでもなかった。

(1点目は)ボールを触るだけだった。突出したゴールではないが、ああいうボールを受けられる動きをするのが大事。(2点目は)相手がボールウォッチャーになる場面があったし、GKが小さかったので、頭を越えたらチャンスだと思ってあの位置にいた」

最終更新:7月16日22時30分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070716-00000036-spnavi-socc


posted by ぴか at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-17 16:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。