2007年07月20日

<年金問題>時効停止特別措置、まず145人に支給決定

 社会保険庁は19日、6日に施行された年金時効停止特別措置法に基づき、まず145人(男性83人、女性62人)に総額7423万円を支給することを決めました。

最高額となるのは90歳の女性で、時効を迎えていた23年9カ月分、541万円が一括支給されるそうです。

社保庁は20日に正式決定して対象者に郵送で通知し、年金定例支給日の8月15日に口座へ振り込むことになりました。

年金時効停止特別措置法は、社保庁が記録ミスをしながら5年の時効で受け取れない年金がある人に、時効を適用せず全額支給する内容です。

6日以降、3147件の申請があり、社保庁はこのうち支給額の確定が容易だった145人を最初の支給対象としました。

 145人は66〜90歳(平均74歳)で、支給額は1192円〜541万円(同51万円)、時効停止期間は1カ月〜23年9カ月(同5年6カ月)。

全員、過去に記録漏れが確認され既に記録訂正済みながら、時効分の年金を受け取れていなかった人で、今後新たな記録漏れが発覚すれば、申請者はさらに増えるとみられています。【吉田啓志】

<年金問題>時効停止特別措置、まず145人に支給決定
7月19日20時39分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000097-mai-pol


posted by ぴか at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 年金問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-22 05:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。