2007年07月21日

体格差克服に自信も=オシム監督、豪州戦前に会見−アジア杯サッカー

体格差克服に自信も=オシム監督、豪州戦前に会見−アジア杯サッカー
7月20日17時32分配信 時事通信
 【ハノイ20日時事】サッカーアジア・カップ準々決勝で21日に当地で対戦する日本のオシム、オーストラリアのアーノルド両監督が20日、記者会見し、オシム監督は「最も困難な試合になる」などと話した。
 豪州は昨年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で日本が敗れた相手。今大会は1次リーグを1敗1分けの苦境から勝ち残ってきただけに、オシム監督は「だんだんチーム状況は上がってきている」と警戒感を示した。
 豪州との体格差をいかに克服するかは日本の課題。その点については「フィジカル面の違いは大きな問題。それをどうやって挽回(ばんかい)するかは難しい」と話しつつも、「しかし、方法がないわけではない」と自信もにじませた。
 一方、アーノルド監督は「日本は1次リーグでわれわれよりいい内容だった。大変な試合になるのは間違いない」と表情を引き締めた。
最終更新:7月20日17時32分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000108-jij-spo

日本がベトナムに快勝、1位で決勝T進出…豪”引マークで俊輔を削る…21日アジア杯準々決勝
7月20日8時2分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000036-sph-socc
 ◆アジア杯準々決勝 日本−オーストラリア(21日・ハノイ) 【ハノイ(ベトナム)19日】アジア杯準々決勝で21日にオシム・ジャパンと激突するオーストラリア代表GKマーク・シュウォーツァー(34)=ミドルスブラ=が19日、当地で会見し、日本代表MF中村俊輔(29)=セルティック=の世界屈指のFKを警戒した。MFマーク・ブレシアーノ(27)=パレルモ=も徹底マークを明言。昨年6月のW杯ドイツ大会をしのぐ強烈な俊輔包囲網を準備した。

 昨年6月12日の「カイザースラウテルンの悪夢」の再現を狙うオーストラリアが危険人物に指定したのは「背番号10」だった。

 「中村は才能豊かな選手。彼のFKが非常に危険。エリア付近でも危険な存在で、優れたプレーメーカー。みんな彼について話し合っている。彼が最大の脅威だ」

 運命の決戦を2日後に控えた19日の記者会見。身長193センチの守護神シュウォーツァーが、張りつめた表情で語った。

 昨年のW杯では前半26分、俊輔が左足で放ったクロスがゴールに吸い込まれた。「あれはジャッジのミス。ハーフタイムに主審が僕にそう伝えた」と激怒。走り込んだ柳沢と高原に接触、バランスを崩す間、先制点を許した。あの屈辱は今でも忘れない。俊輔封じに全神経を注いでいた。

 MFブレシアーノも俊輔包囲網を明言した。「セリエAでの経験から、中村にはマンツーマン守備が必要。密着マークで中村をゲームから追い出すよう努力する」レッジーナ在籍時の司令塔を知るセリエA屈指のウインガーも、神経をとがらせる。前回は身長183センチの中盤の殺し屋、トリノMFグレラが密着マークして危険なファウルを連発。178センチの俊輔に右太もも打撲と左足親指爪破損など大会中完治不能な致命傷を負わせた。

 さらに敵将も俊輔対策会議を極秘裏に開始。グラハム・アーノルド監督(43)ら首脳陣5人は18日夜、ハノイ市内の高級ナイトクラブに集結。深夜1時半まで瓶ビールを手に戦術を練った。

 ドイツに続き、ハノイでも危険な包囲網が待つ俊輔は「夜にクラブ? 相当余裕あるね」と不敵に笑った。午後の練習では、オシム監督から様々な崩しのパターンを直接指導された。「中央から外を狙うとか、いろいろなアイデアを言われた。参考になる」老将から伝授された秘策で危険なわなをくぐり抜け、1年前の借りを返す。

最終更新:7月20日8時2分


posted by ぴか at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-21 18:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。