2007年07月21日

ハリポタ完結編が発売 4億冊以上売り上げ見込む

世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝」(第7巻)が21日午前零時1分(日本時間同日午前8時1分)、世界90以上の国、地域で一斉に発売されました。魔法の世界の話・・というおとで発売時間は英国時間の午前0時(日本時間8時)。

ロンドンの深夜営業を行った書店の前には、魔法使いの変装をしたファンもいたようです。

世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝」(第7巻)の日本語訳版の発売は来年の夏の予定だそうです。

ハリポタ完結編が発売 4億冊以上売り上げ見込む
7月21日10時20分配信 産経新聞

 【カーヌスティ(英北部)=木村正人】世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝」(第7巻)が21日午前零時1分(日本時間同日午前8時1分)、世界中の書店で一斉に発売された。ロンドンやニューヨークの書店では魔法使いに化けた子供たちが列をつくり、完結編を買い求めた。シリーズで4億冊以上の売り上げが見込まれている。

■発売開始

 「登場人物の2人が死亡する」と発表し、ハリーが死ぬかもしれないと世界的な反響を呼んだ作者J・K・ローリングさんは同時刻、ロンドンの自然歴史博物館で500人のファンに対し完結編を読み始めた。ウェブサイトで「興奮、不安、救済の合体」と発売前の心境をつづっていたローリングさんの声は館内に静かに響き、ファンはかたずをのんで聞き入った。

 「ハリーを救え!」という嘆願署名を展開していたロンドンの大手書店ウオーターストーンではハリーやその仲間たちの姿をした子供たち約2000人が雨の中、列をつくり、完結編の発売を待ち兼ねた。最高36時間並んだという人もおり、フィンランドなど海外からも大勢のハリー・ファンが駆けつけた。

■攻防

 完結編は内容が事前に漏れるのを防ぐため、各国の出版社が保管倉庫に警備員を配置するなど厳重な管理下に置かれた。投じられた費用は1000万ポンド(約25億円)と伝えられる。

 しかし、完結編の一部とされる文章がインターネット上の複数のサイトに登場。フィンランドの書店では解禁前の19日、間違って完結編数冊が店頭に並べられ、うち1冊が販売された。

 さらに19日付の米紙ニューヨーク・タイムズなどが独自に入手し完結編をもとに書評を掲載。ローリングさんは「読者の期待を無視した」と憤慨する騒ぎもあった。

■経済効果

 このシリーズは第6巻の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」までで64カ国語に訳され、約200カ国で出版、約3億2500万冊が売られた。

 完結編は93カ国で発売されるが米国だけで1200万冊を出版。大手ネット書店「アマゾン」にはすでに220万冊の予約がある。完結編を含めると4億冊以上の売り上げが期待されている。

 日本では14日、5作目の映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の先行上映が始まった。第1作から第4作までの興行収入は35億ドル。このほかDVD、ビデオなど関連商品の売り上げも10億ドルに上り、ハリーの経済効果は計り知れない。

 さて、注目のハリーの運命だが、それは完結編を読んでのお楽しみに。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000902-san-int


posted by ぴか at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-21 17:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。