2007年07月22日

日本、PK戦を制しベスト4進出 オーストラリア戦=サッカー日本代表

 サッカーアジアカップ3連覇を狙う日本代表は21日、ベスト4進出を懸けて、ベトナムのハノイでオーストラリアとの準々決勝を行いました。

アジアカップ・オーストラリア戦は1−1で延長戦。
延長戦では、日本が終始相手ゴールを攻め立てたが、オーストラリアのディフェンスを崩せずPK戦に突入。GK川口がオーストラリアの2本のPKをストップすると、日本は4人が成功し4−3で勝利を収め、準決勝に駒を進めました。

アジアカップ・準決勝は25日で、日本は、サウジアラビアとウズベキスタン戦の勝者と戦います。

日本、PK戦を制しベスト4進出 オーストラリア戦=サッカー日本代表
7月21日22時10分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000018-spnavi-socc

アジアカップ・オーストラリア戦で、 日本は4−4−2の布陣を採用し、高原、中村俊らグループリーグの第2戦、第3戦と同じ先発メンバーで臨みました。

試合は、序盤から一進一退の展開となり、共にチャンスを作りながらもゴールには至らず。0−0のままハーフタイムを迎えました。

後半になると日本がペースをつかんだが、FWビドゥカに代えてキューウェルを投入したオーストラリアに次第に攻め込まれるようになる。すると24分、セットプレーから先制点を奪われたが、その3分後、高原のゴールですぐさま同点に追いついた。その後も1人少ない相手に対して優勢に試合を進めたがゴールを奪えず、試合は延長戦にはいったのでした。

アジアカップ<日本代表メンバー>
GK:1 川口能活(cap)
DF:3 駒野友一、6 阿部勇樹、21 加地亮→ 2 今野泰幸(後半43分)、22 中澤佑二
MF:7 遠藤保仁、10 中村俊輔、13 鈴木啓太、14 中村憲剛→ 20 矢野貴章(延長後半10分)
FW:12 巻誠一郎→ 11 佐藤寿人(延長前半12分)、19 高原直泰

最終更新:7月22日0時25分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000018-spnavi-socc

「チャンスだと思ってあの位置にいた」巻誠一郎=サッカー日本代表
日本がベトナムに快勝、1位で決勝T進出…巻2ゴール


posted by ぴか at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。