2007年07月24日

引田天功、公演中に骨折の重傷

引田天功、公演中に骨折の重傷 女性マジシャンの引田天功が福井県鯖江市の市文化センターで行われた公演中、機材のトラブルであばら骨を折る重傷を負っていたことが23日、分かった。

 所属事務所によると、事故が起きたのは22日の公演の演目。高さ約2メートルの金属製の箱に、両脇から模造の刃物20本が突き刺さった後、天功が姿を消し、刃物が抜かれると、再び箱から登場するものだった。

 天功は機材の故障で刃物が体に当たり、全治1か月の重傷を負い、東京都内の病院に入院した。

 天功は事務所を通じ「公演が途中で中止になり、非常に申し訳ない。早く元気になって、福井で代替公演をしたい」とコメントしている。
(2007年7月23日21時31分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070723-OHT1T00299.htm


タグ:引田天功
posted by ぴか at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。