2007年07月27日

織田、野辺山アイスショーは不参加=酒気帯び運転で謹慎−スケート

酒気帯び運転 フィギュアスケートの織田信成選手を検挙7月27日17時5分配信 毎日新聞

 27日午前0時45分ごろ、大阪府高槻市芥川町1の市道で、フィギュアスケート選手で、関西大3年の織田信成選手(20)が酒を飲んでミニバイクを運転したとして、道交法違反酒気帯び運転)容疑で大阪府警高槻署に検挙され、交通切符(赤切符)を交付された。
 調べでは、織田選手は大阪市北区のサウナ施設「ニュージャパン」で26日午後8時から約2時間半、同大の学生センター教授らと飲酒し、ミニバイクで帰宅する途中だったという。ビールをジョッキで2杯、焼酎水割りを1杯飲んだといい、飲酒検問で、基準値を超える呼気1リットル中0.3ミリグラムのアルコールが検知された。織田選手は容疑を認め、しょんぼりとしていたという。
 関西大は「どのような事情があったにせよ、法律を犯したことは許されることではなく、大学としてもたいへん遺憾です。今後、事実関係を十分に調査のうえで適切に対応します」とのコメントを発表した。
 同大によると、ともに飲酒した教授らは、ミニバイクに乗って帰ることは知らなかったという。【澤本麻里子】
 ◇連盟、近く処分へ 日本スケート連盟の常山正雄・専務理事は27日午前、織田選手の飲酒運転について「社会人として許されない行為であり、誠に遺憾」とコメントを発表した。近く倫理委員会を開き、処分を検討する。
 同連盟によると、織田選手は、28日に長野県で行われるアイスショーに出演する予定だったが、出演を取りやめる。【山本亮子】
最終更新:7月27日17時5分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000022-maip-soci


織田、野辺山アイスショーは不参加=酒気帯び運転で謹慎−スケート
7月27日12時1分配信 時事通信

 フィギュアスケートの織田信成(関大)が酒気帯び運転で摘発された問題で、日本スケート連盟は27日、長野県南牧村で28日に行われるアイスショー「野辺山サマーフェスティバル・オン・アイス」に織田を参加させない方針を決めた。このショーは、ジュニア選手らの強化を行う野辺山合宿の一環として実施。浅田真央(愛知・中京大中京高)、高橋大輔(関大)らとともに織田も参加することになっていた。
 また、同連盟では織田本人に事件についての事情説明を求め、倫理委員会を設置して連盟としての処分を決める。それまでは、当面謹慎するよう申し伝えたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000067-jij-spo



posted by ぴか at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。