2007年07月29日

麗奈&中越が感動の涙…「夕凪の街 桜の国」

麗奈&中越が感動の涙…「夕凪の街 桜の国」
初日舞台あいさつを行った麻生久美子田中麗奈吉沢悠中越典子伊崎充則
 映画夕凪の街 桜の国」(佐々部清監督)の公開初日舞台あいさつが28日、東京・新宿ミラノ2で行われた。

 広島の原爆を扱った物語で、立ち見も出る満員の客席を前に、主演の田中麗奈(27)は「映画館がみなさんでいっぱいで、あったかい気持ちでいっぱい。涙が出てきました」とあいさつ。中越典子(27)も「ここに来る直前、感動してしまいまして…」と涙をぬぐうなど、感動の滑り出し。

 被爆して13年後に亡くなる女性を演じた麻生久美子(29)は「女優として10年ちょっとですが、初めて『どうしても私がやりたい役』に出会いました。原爆や戦争を知らない私だけど、気持ちは理解したいと思って演じました」と話した。
(2007年7月29日06時02分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070729-OHT1T00059.htm

長渕文音、佐々部監督に花束…映画「夕凪の街―」:


posted by ぴか at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。