2007年08月01日

台風5号、西日本接近へ=暴風や高波に警戒を−気象庁

台風5号、西日本接近へ=暴風や高波に警戒を−気象庁7月31日19時32分配信 時事通信
 強い台風5号は31日、日本の南海上を北北西に進んだ。今後さらに勢力を強め、2日から3日にかけて西日本に接近する恐れがあり、気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、台風は31日午後9時現在、日本の南にあり、時速約15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径110キロ以内では25メートル以上の暴風となっている。
 今後、発達しながら北西に進み、2日から3日にかけて、強い勢力を保ったまま西日本に接近する恐れがある。ただし、台風を動かす上空の風が弱いため、複雑な動きをする可能性もあるという。 

最終更新:7月31日22時32分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000145-jij-soci


タグ:台風 気象庁
posted by ぴか at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。