2007年07月31日

中国産サバから抗菌剤=輸入検査強化へ−韓国産シジミも・厚労省

今日31日は土用の丑の日抗菌剤使用の中国産ウナギの問題で、近くのスーパーには、静岡産等のウナギが並んでます。価格は高めですが、安全を考えると、やっぱりね・・。友人は、「アナゴを買った!!」と言っていました。

その中国産ウナギから検出された抗菌剤マラカイトグリーンが、中国産サバからも検出されたそうですー。

厚生労働省によると、中国から輸入された冷凍サバの切り身を検疫所でモニタリング調査したところ、今年の6月〜7月に2件、薬事法で食用魚への使用が禁止されている抗菌剤が検出されたそうです。

また韓国産シジミからは、基準値を超える殺虫剤エンドスルファンが検出されていうそうです。


中国産サバから抗菌剤=輸入検査強化へ−韓国産シジミも・厚労省
7月30日22時1分配信 時事通信


 厚生労働省は30日、中国産サバから食用魚への使用が禁止されている抗菌剤マラカイトグリーンが検出されたため、食品衛生法に基づく検査命令を出したと発表した。
 マラカイトグリーンは、米食品医薬品局(FDA)が6月末、ウナギなど中国産養殖魚の輸入を規制した際、問題の物質として指摘された。日本では2005年8月に中国産ウナギから検出され、輸入時の検査が義務付けられている。
 また、韓国産のシジミとアゲマキガイから、基準値を超える殺虫剤エンドスルファンが検出され、厚労省は検査命令を出した。中国産サバと同様、輸入業者はすべての貨物コンテナについて、輸入するたびに検査が義務付けられる。 

最終更新:7月30日22時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000199-jij-soci


posted by ぴか at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。