2007年08月02日

2日午後にも上陸の恐れ=台風5号、九州か四国に−気象庁


2日午後にも上陸の恐れ=台風5号、九州か四国に−気象庁
8月1日18時1分配信 時事通信

 非常に強い台風5号は1日午後、南大東島の東の海上を速度をやや上げながら北西へ進んだ。気象庁は、2日午後にも勢力を保ったまま九州か四国に上陸する可能性が高いと発表。暴風や高波、大雨に警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、5号は1日午後3時現在、南大東島の東約470キロの海上にあり、時速30キロで北西へ進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。半径110キロ以内は25メートル以上の暴風域となっている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070801-00000136-jij-soci

台風☆(たいふう、颱風)太平洋や南シナ海(赤道以北、東経180度以西100度以東)で発生する熱帯低気圧で、最大風速(10分間平均)が34ノット (17.2m/s) 以上のものを指す。

気象庁☆国土交通省(旧・運輸省)の外局。

気象庁の業務は、気象業務法のもとで行なわれており、この中で「気象」「地象」「水象」に関わる観測や予報などを行う事が定められている。具体的には、気象情報(天気予報など)、地震情報、火山情報、津波情報などがある





タグ:台風 気象庁
posted by ぴか at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。