2007年08月02日

織田信成選手に5カ月出場停止 スケート連盟

7月27日に、酒気帯び運転で検挙され、その後、涙ながらの謝罪会見を行った、フィギュアスケートの世界選手権男子代表織田信成選手(関西大)
に対する、日本スケート連盟の処分が決定したようです。

織田信成選手は先月27日、大阪市北区のサウナでビールをジョッキで2杯と焼酎の水割り1杯を飲んだ後にミニバイクで帰宅中、大阪府警高槻署の飲酒検問で摘発されました。

問題発覚後、織田信成選手は日本オリンピック委員会(JOC)の強化費などで予定した30日からのカナダ合宿の参加取りやめやアイスショー出演(長野県野辺山)を自粛していました。

日本スケート連盟は、2日、織田信成選手に対して国際競技会5カ月、国内競技会3カ月の出場停止とし、連盟の特別強化指定選手も5カ月間解除するなどの処分を決めたようです。

 織田信成選手は11月の主要国際大会、グランプリシリーズ2試合には派遣されないが、世界選手権代表を決める12月の全日本選手権(大阪)には出場できることになります。


織田信成選手に5カ月出場停止 スケート連盟
8月2日13時59分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000918-san-spo

織田、野辺山アイスショーは不参加=酒気帯び運転で謹慎−スケート

織田、涙ながらに謝罪会見=「信頼裏切って申し訳ない」−フィギュアスケート


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 12:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。