2007年08月19日

タキツバ、KAT―TUNで開幕

タキツバ、KAT―TUNで開幕 今年で30回目の日テレ系「24時間テレビ30 愛は地球を救う」が18日午後6時30分、東京・北の丸公園の日本武道館で始まった。

メーンパーソナリティーを務める滝沢秀明(25)、今井翼(25)の人気ユニット「タッキー&翼」は、応援に駆けつけた昨年のパーソナリティー・KAT−TUN と、夢のコラボを形成。タキツバの新曲「SAMURAI」を披露し、会場を沸かせた。

史上最年長ランナーの萩本欽一(66)は、70キロマラソンの完走を目指しスタートを切った。

 魅惑のグループ「タッキー&翼」&KAT−TUN が、武道館からさわやかな風を送った。

 オープニングで、堂々と番組30年目の開幕宣言を行ったタキツバ。午後6時58分、欽ちゃんがマラソンをスタートさせると「欽ちゃーん、がんばってー」とエールを送った。応援歌として新曲「SAMURAI」も熱唱すると、途中にKAT−TUN がバックダンサーでサプライズ参加。ジャニーズ事務所の新旧番組パーソナリティーが、夢の合体だ。会場をつんざく大歓声とともに、66歳の史上最年長ランナーの背中を押した。

 関東地方で連日の猛暑が一段落したこの日、東京の最高気温は27・4度(午後8時現在)。前日の最高より10度以上低く、7月31日以来、18日ぶりに最高30度を下回った。外の気温が落ち着いても、会場の熱気はグングン上昇だ。こんな“熱帯夜”なら、流す汗も快感。今井と亀梨和也(21)は武道館内の募金の列にも駆け寄り、一人一人と握手を交わした。

 年下のアイドルに触発され、チャリティーパーソナリティーの元プロ野球・日本ハムの新庄剛志さん(35)も欽ちゃんに「つらくなったら言ってください。僕が代走で行きます」。新庄節で白い歯を輝かせた。

 今年のテーマは「人生が変わる瞬間(とき)」。くしくも9月にユニットデビュー5周年を迎えるタキツバは、新テーマ曲「勇気のカタチ」を、作詞・作曲した谷村新司(58)、加山雄三(70)らと大合唱。19日はSMAPの香取慎吾(30)、嵐の松本潤(23)、相葉雅紀(24)、大野智(26)も会場に合流する。強力な援軍を受けたタキツバが、24時間を疾走する。

(2007年8月19日06時01分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070819-OHT1T00047.htm

タキツバ「勇気伝えたい」…:

欽ちゃんマラソン「医学的に非常識」


posted by ぴか at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24時間テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。