2007年08月22日

佐賀北が5―4で広陵を下し初優勝 8回に逆転満塁HR

佐賀北が5―4で広陵を下し初優勝 8回に逆転満塁HR
朝日新聞 - 2007/8/22 14:00

 第89回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は第15日の22日、阪神甲子園球場で決勝があり、再試合を含め6試合を勝ち抜いてきた佐賀北(佐賀)が、5―4で広陵(広島)を下し、初優勝を決めた。試合は、40年ぶり決勝進出の広陵ペースで進んだが、8回に逆転満塁本塁打で形勢を一気にひっくり返した。

 佐賀北は左腕馬場が先発。広陵はエースの右腕野村が先発した。

 馬場は初回、打者3人で終え、無難な立ち上がり。一方、野村は佐賀北の2、3番に連続四球を与え、1死一、二塁のピンチを迎えたが、後続を三ゴロと三振にとった。

 2回表、広陵は先頭打者・山下からの3連打で無死満塁とし、二ゴロの間に先取点。スクイズ失敗、連続四死球で2死満塁とし、櫟浦の左前安打で2点目を挙げた。ここで佐賀北は馬場をあきらめ久保に投手交代、後続を断った。

 佐賀北は3回裏、2死から井手がチーム初安打を放ったが、後続を三振にとられ無得点。

 4回表、広陵は岡田淳の右中間二塁打に犠打、死球を絡め2死一、三塁の好機をつくったが、追加点はならなかった。
 5回表、久保は2安打と四球で2死満塁のピンチを招いたが、後続を三振にとり、追加点を許さなかった。6回にも、安打、四球などで1死二、三塁のピンチを堅守で切り抜けた。
 追加点が欲しい広陵は7回表、内野安打と死球で1死一、二塁とし、野村の左中間を抜く二塁打で2点を加え、リードを広げた。久保は甲子園に来て初の失点。
 佐賀北打線は、野村の速球にスライダー、カーブなどを織り交ぜた投球に的を絞りきれず、7回まで1安打、10三振に抑えられてきたが、8回裏、久保、代打新川の連打に続き、辻、井手の連続四球でまず押し出しの1点。なおも1死満塁の好機に、副島が左越え本塁打を放ち一挙4点を加え、逆転した。
 9回表、広陵は先頭の林が左前安打で出塁したが、犠打で一気に三塁を突こうとしてタッチアウト。後続も三振に倒れ、試合終了となった。
(2007年08月22日17時00分 朝日新聞社)
http://sports.yahoo.co.jp/baseball/hs/news/20070822-00000012-asa-spo/


posted by ぴか at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。