2007年08月23日

夏の甲子園・佐賀北の初優勝

第89回全国高校野球選手権大会、決勝が22日、阪神甲子園球場で13時から行われ、佐賀北が感動の8回逆転劇で初優勝を果たしました。

佐賀北は出場2回目で初優勝を果たしました。

全国高校野球選手権大会、決勝の試合は、2回に広陵が2点を上げ、広陵ペースと思われたのですが、久保投手および、守りが素晴らしい佐賀北の粘り勝ちだったのでしょうか。

8回、広陵が2点の追加点を上げたとき、広陵の監督は万歳という感じで両手を挙げているのをみて、テレビの前のワタシたちは、「うーん、気持はわかるけどさーーー、万歳するのはちょっと早くない??」とか「イヤ、佐賀北だってわからんぞーー。高校野球は最後までわからんぞー」とかおしゃべりに興じていました。

そして、8回裏、佐賀北の先頭打者は久保投手が打って1塁へ・・そして代打、新川選手・・・すごい顔つきでした。なんとしても打つぞーみたいな。そして見事、役目を果たして、1塁へ。1塁到着後の新川選手の顔がまるで変わっているのにびっくり!!それほど集中していたということでしょうか。

広陵のエース野村選手は・・ストライクが入らなくなり、連続四球で久保投手が戻ってきてまず1点!!そして、副島選手は、すさまじい歓声の中なんと・・・・・・・

ホームラン!!!!!佐賀北の得点は5点となりが見事逆転です。

びっくりしました!!佐賀北・副島選手のホームランに鳥肌がたちました・・

広陵のエース野村選手は・・・笑顔だったのですが・・「やられたなーー」って思ってるんだよーーとわかったように話すはすりゴマ黄粉で髪ふさふさおじさま・・\(*≧∇≦)/

9回表、佐賀県出身のタレントはなわさんにそっくりの久保投手は、頑張りぬき、最後、広陵の野村投手を三振に討ち取り、見事、佐賀北が勝ったのでした。

本当に素晴らしい試合でした。

佐賀北の選手のみなさんおめでとうございます!!

佐賀北が5―4で広陵を下し初優勝 8回に逆転満塁HR


佐賀北の百崎敏克監督(51)は優勝インタビューで「信じられない。何が起こったのか、よく分からない」「7回に2点取られ、0−4となったときは、もうダメかと思った。本当に信じられない。選手のおかげです」と指揮官。その横で逆転満塁本塁打を放った副島浩史三塁手(3年)は「次の打者につなぐことだけを考え打席に立った。本塁打になるなんて…。最高に幸せです」と話したそうです。http://pikamama0117.seesaa.net/article/52386006.html

また広陵の広陵・中井哲之監督(45)は「まさか、あそこでホームランを打たれるとは」と無念の様子だったそうです。
http://pikamama0117.seesaa.net/article/52387287.html



posted by ぴか at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。