2007年08月30日

小林麻央、ピカチュウらと海賊版撲滅キャンペーン

小林麻央、ピカチュウらと海賊版撲滅キャンペーン

ピカチュウ、スパイダーマン、仮面ライダー電王と「映画盗撮防止法」のうちわを配った映画大使の小林麻央

 「映画盗撮防止法」が施行された30日、東京・有楽町マリオン前で映画大使を務めるタレントの小林麻央(25)が海賊版を撲滅するキャンペーンに参加した。

 小林はピカチュウ、スパイダーマン、仮面ライダー電王ら、大手映画会社のスターキャラクターと並び、「NO MORE 映画泥棒」と記されたうちわを多くの人々に手渡し。「私も映画が大好き。大使として出来る限り協力したい」とあいさつした。

 劇場での映画撮影・録音は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはその両方の刑罰が科せられる法律。同法の施行を強く願ってきた「映画館に行こう!」実行委員長の東映・岡田裕介社長は「日本の映画界にとっての国際的な信用問題。絶対に海賊版は買わないで」と訴えていた。

(2007年8月30日15時31分 スポーツ報知)


posted by ぴか at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。