2007年09月01日

女優デビューする内田恭子

女優デビューする内田恭子
9月1日10時1分配信 日刊ゲンダイ


 フリーアナの中でひとり勝ちとなっているのが昨春にフジテレビを寿退社した内田恭子(31)。年収は推定3億円以上に達しているといわれる。

 ウッチーは「ジャンクSPORTS」「グータンヌーボ」など計6本のテレビ、ラジオのレギュラー番組を抱え、ANA、資生堂など計5本のCMに出演している。

「バラエティーのギャラは最低でも60万円。これに雑誌やラジオのギャラが加わる。CMは安く見積もって1本4000万円。フジ出身者で一番の出世頭で1200万円といわれた現役時代の20倍以上の年収です。先ごろ、夫が馬主になった千野志麻ウッチーの稼ぎっぷりにはかなわない」(フジ関係者)

 そんなウッチーにもうひとつの肩書が加わる。レギュラーの「グータンヌーボ」がSPで初ドラマ化され、女優デビューするのだ。

ウッチーのほかレギュラーの江角マキコ優香もドラマに出演する。3本のオムニバスで、それぞれが主演を務める。中身は『グータン』が下地の恋愛ストーリー。ウッチーは女子アナ役で出演し、セミドキュメント番組に近い形で、結婚した時のマル秘エピソードを公開する」(放送作家)

 気になるのは演技。

「収録はこれからで、本人はやる気です。台本も本人の赤字で埋めつくされ、時間があると江角や優香にアドバイスを求めている。バラエティーの収録時でも、オフになるとカメラテストと称して、はにかんだり怒ったりする表情をつくってスタッフに感想を求めている。それが意外にかわいいと評判です」(制作スタッフ)

 現在、フジ以外の番組には絶対に露出しないウッチー。女優デビューをきっかけに“月9”進出でも狙っているのか。

最終更新:9月1日10時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000004-gen-ent

内田 恭子
 うちだ きょうこ
)1976年生まれ「ウッチー」。ドイツ・デュッセルドルフ生まれ 1999年フジテレビ入社。同期入社の大橋マキが注目を浴びる裏で報道記者として全国を駆け回る。「プロ野球ニュース」の終了および荒瀬詩織、宇田麻衣子、大橋マキの退社にともない2001年4月から5年間「感動ファクトリー・すぽると!」のキャスターを務めた。
2006年1月10日、2003年春から交際中のダウンタウン・浜田雅功の元マネージャーで吉本興業社員の木本公敏と婚約、同年3月31日で寿退社をし、退社後はフリーアナウンサー、タレントとして活動している
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


posted by ぴか at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。