2007年09月03日

乙女のカリスマ・嶽本野ばら容疑者、大麻所持で現行犯逮捕

乙女のカリスマ・嶽本野ばら容疑者、大麻所持で現行犯逮捕
9月3日14時33分配信 読売新聞


 女子高生と不良少女の交流を描いた人気映画下妻物語」(2004年)の原作者として知られる作家の嶽本(たけもと)野ばら(本名・嶽本稔明)容疑者(39)が、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、警視庁新宿署に逮捕されていたことがわかった。

 同署によると、嶽本容疑者は今月2日午後5時10分ごろ、新宿区歌舞伎町2の路上で、同署員の職務質問を受けた際、ズボンの右ポケットに乾燥大麻0・22グラムを隠していたのが見つかった。「海外で大麻を覚えた。自分で吸うために持っていた」と供述しており、同署で入手先を追及している。

 嶽本容疑者は大阪芸大を中退後、雑貨店の店長などを経て、2000年に「ミシン」で小説家としてデビュー。「下妻物語」をはじめ、少女文化を描いた作品を次々に発表し、「乙女のカリスマ」として10代の少女を中心に人気を集めている。

最終更新:9月3日14時33分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000205-yom-soci

嶽本 野ばら(たけもと のばら)嶽本稔明(たけもと としあき)。1968年生まれ・作家、エッセイスト。自称「乙女派文筆家」。乙女派文筆家。彼の云う乙女とはロリータ・ファッションに身を包んだ少女に象徴される。京都府宇治市出身。大阪芸術大学文芸学科中退。2000年、書下ろし小説集『ミシン』で作家デビュー。2003年、『エミリー』、2004年『ロリヰタ。』が三島由紀夫賞候補に。2004年、『下妻物語』が映画化。

代表作は「それいぬ―正しい乙女になるために」、「下妻物語」等

乙女という宿命:嶽本野ばらロングインタビューhttp://slack.ne.jp/novala/

NOVALA BOX - 公式ホームページ   http://www.novala.net/

Yahoo!ブックス - インタビュー - 嶽本野ばらhttp://books.yahoo.co.jp/interview/detail/31636097/01.html


posted by ぴか at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。