2007年09月06日

強い台風9号は伊豆諸島の西の海上を北上しています。

9月6日 17時55分更新 NHKニュース
【最新情報】

■強い台風9号は伊豆諸島の西の海上を北上しています。

静岡県や伊豆諸島などに続いてこのあと神奈川県など関東の一部が台風の暴風域に入る見込みです。

気象庁の発表によりますと、強い台風9号は午後6時には伊豆諸島の三宅島の西南西、100キロの海上を1時間に25キロの速さで北へ進んでいるものとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

静岡県と伊豆諸島、それに愛知県の一部に続き、このあと神奈川県と千葉県の一部が台風の暴風域に入る見込みです。

静岡県の石廊崎で午後5時ごろに50.1メートル、八丈島では午後3時40分ごろに47.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風はこのあとも北上を続け、6日夜遅くから7日明け方にかけて東海から関東の沿岸に接近し上陸するおそれがあります。

台風の雨雲がかかり東日本の太平洋側を中心に局地的に激しい雨が降っています。

午後5時までの1時間には静岡県伊豆市の市山で39ミリ、神奈川県箱根町で33ミリ、埼玉県三峰山で32ミリの激しい雨が降りました。

静岡県の一部ではこの24時間の雨の量が300ミリを超えています。

これまでの大雨で静岡県、神奈川県、群馬県、長野県、それに山梨県では土砂災害の危険性が非常に高くなっているところがあります。

台風の北上にともない関東甲信と東海、それに東北の太平洋側では7日にかけて局地的に1時間に50ミリから70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

7日夕方までに降る雨の量は多いところで、関東甲信と東海で400ミリ、東北の太平洋側で350ミリ、東北の日本海側で300ミリ、伊豆諸島と北陸で150ミリ、北海道の太平洋側で120ミリと予想されています。

海上は伊豆諸島と関東、それに東海では波の高さが6メートルを超える大しけとなっており、6日夜遅くには関東や東海の沿岸の高いところで9メートルを超える猛烈なしけになる見込みです。

気象庁は今後の台風情報に十分注意するよう呼びかけています。
(9月6日 17時55分更新)
NHKニュースhttp://www3.nhk.or.jp/news/tokusetsu1/saishin.html


posted by ぴか at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。