2007年09月07日

聖子、ファンに殴られた沖縄で24年ぶり公演…11・20宜野湾

聖子、ファンに殴られた沖縄で24年ぶり公演…11・20宜野湾
9月6日8時2分配信 サンケイスポーツ


 歌手、松田聖子(45)が24年ぶりに沖縄県で公演を行うことが5日、分かった。11月20日に宜野湾市の「ラグナガーデンホテル」でディナーショーを開くもので、聖子が沖縄を公演で訪れるのは、昭和58年3月28日に沖縄市営体育館で行った「スプリングコンサート」以来となる。

 聖子にとって、この公演は忘れがたい苦い思い出が残る。コンサートも中盤の午後7時40分頃、ヒット曲「渚のバルコニー」を歌い始めた時、客席最前部にいた若い男が突然、舞台に駆け上がり、持っていた長さ30センチ程のスチール製金具で聖子に襲いかかったのだ。

 聖子はとっさに両手で頭をかばい逃げたが、3発が頭を直撃。那覇市内の病院に運ばれ、エックス線検査などを受けた結果、頭を打撲した程度で骨に異常はなく、幸い大事には至らなかった。男は、主催者の通報で沖縄署員に現行犯逮捕。埼玉県入間市に住む19歳のファンで、強度のノイローゼにかかっており、犯行について「聖子を襲って自分も有名になりたかった」と供述したという。

 その後、聖子の沖縄での公演は開かれていなかったが、今回、ディナーショーという形で24年ぶりにステージを踏む。会場のラグナガーデンホテルは、宜野湾市の中心部にあるリゾート・ホテルで「ディナーショーの会場として沖縄県では最大」(関係者)。昼夜2回で750〜760人の動員を見込んでいるという。

聖子 7年ぶり映画出演「火垂るの墓」:


タグ:松田聖子
posted by ぴか at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。