2007年09月07日

平山あやの“元カレ”塩谷瞬がうっかりコメントで、放送コードに引っ掛かる

平山あやの“元カレ”塩谷瞬がうっかりコメントで、放送コードに引っ掛かる
9月6日15時46分配信 シネマトゥデイ

思わず口が滑った塩谷に会場はヒヤッ

 5日、乳がんを宣告された実在の女性を描いた映画Mayu -ココロの星-』の完成披露試写会が行われ、平山あや塩谷瞬、池内博之、浅田美代子、三浦友和、監督の松浦雅子が舞台あいさつに臨んだ。

 21歳にして乳がんと診断され、壮絶な闘病を強いられるヒロインにふんした平山は「自分でも怖いくらいに、役にハマってしまった」と体当たりの演技についてコメント。一方、彼女を支える“元カレ”を演じた塩谷は「何かを背負っている人の強さを前にすると、自分も優しくなれる」と語った。しかし、塩谷が自らの役柄について説明する際、とある放送禁止用語をポロっと口走るハプニングも……。もちろん、本人に悪気はなかったが、その瞬間だけは、記者たちのペンが止まり、客席も微妙な空気に包まれてしまった。

 舞台あいさつで話題に上がったのが、ロケ地札幌の名物であるラーメン。松浦監督は、平山が、原作者で主人公のモデルでもある女性から教わったラーメン店に3回行ったと暴露していたが、「わたしたちスタッフは忙しくて、行けませんでしたが」と残念そうに話していた。また、共演者の浅田美代子も「北海道でおいしいものが食べられると期待していたけど、それ以上に撮影が大変だった……」と若干“恨み節”だった。

Mayu -ココロの星-』は9月29日より新宿バルト9ほかにて全国公開
オフィシャルサイト http://mayu-movie.jp/

最終更新:9月6日15時46分

塩谷瞬(しおや しゅん)1982年生まれ・石川県金沢市出身。
2002年『忍風戦隊ハリケンジャー』でデビュー。
主演映画『パッチギ!』(2005年、井筒和幸監督)で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞、第27回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞

平山あやが乳がん疑似体験…映画「Mayu―」:


posted by ぴか at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。