2007年09月09日

U−22日本、0−0でサウジと分ける=五輪最終予選

U−22日本、0−0でサウジと分ける=五輪最終予選9月9日4時41分配信 スポーツナビ


 北京五輪出場を目指すU−22(22歳以下)サッカー日本代表は8日(現地時間)、サウジアラビアの・ダンマームで五輪アジア最終予選の第2戦となるサウジアラビア戦に臨み、0−0で引き分けた。

 日本は3−6−1の布陣で、先発は森島の1トップに、水野、家長の2シャドー。右サイドのウイングバックには、内田が初起用された。前半の半ばには、家長のクロスから水野が決定的なヘディングシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれた。
 後半は水野に代えて柏木を投入し、退場者を出したサウジアラビアを攻め立てたが、ゴールを割れず。逆に終盤は押し込まれる場面もあったが、守備陣が踏ん張り、無失点で乗り切った。
 第3戦は12日、東京・国立競技場でU−22カタール代表と対戦する。

GK:21 山本海人
DF:3 青山直晃、4 水本裕貴(Cap)、5 伊野波雅彦
MF:12 内田篤人、7 水野晃樹→ 17 柏木陽介(後半0分)、8 本田圭佑、10 梶山陽平→ 6 青山敏弘(後半31分)、14 家長昭博、16 本田拓也
FW:39 森島康仁→ 9 平山相太(後半42分)

サブ:31 林彰洋、28 小林祐三、33 安田理大、11 岡崎慎司

最終更新:9月9日4時41分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070909-00000002-spnavi-socc


posted by ぴか at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。