2007年11月02日

TBS社長、亀田戦批判で「配慮欠いた」と反省

TBS社長、亀田戦批判で「配慮欠いた」と反省 

ボクシング亀田大毅選手の世界戦中継をめぐり、番組内容に視聴者から抗議が殺到したTBSの井上弘社長は1日行われた定例記者会見で「注目を集めたが反則行為などがあって残念な試合になった。亀田一家の存在感を強調するあまり、言動の取り上げ方に配慮の欠けるところがあり、反省したい」と語った。

 井上社長は、視聴者からTBSの責任を問う意見や批判が多数あったことを明かし「真摯(しんし)に受け止め、今後の番組づくりに生かしたい」と発言。一連の番組などで、亀田兄弟を持ち上げ過ぎたのではないかという批判に対して、番組を制作した子会社のTBSテレビの石原俊・専務は「行きすぎたパフォーマンスなどについては注意喚起をしていたが、結果としてわれわれの努力が足りなかったと反省している」と述べた。

 今後の亀田選手の取り上げ方について、石原専務は「亀田兄弟も反省しており、彼らが今後どう変わっていくかを取材していく。条件が整えば当然試合中継していくと思う」と話した。

(2007年11月1日19時34分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071101-OHT1T00201.htm

興毅謝罪会見のテレ朝リポーター 「不愉快」とネットで批判
<ボクシング>王者の内藤、亀田興の会見に「立派だった」
<ボクシング>「世界一のオヤジやと思ってる」 亀田興毅選手の謝罪会見要旨<ボクシング>亀田史郎氏、契約解除へ 協栄ジム:
)亀田大毅、内藤に直接謝罪=史郎氏は電話で「すみませんでした」−ボクシング
大毅、頭を丸めてうつむき無言 内藤陣営に謝罪なしTBS亀田特番「バース・デイ」が急きょ放送中止
亀田一家に「公の場で謝罪を」 協栄ジム会長
亀田大毅は1年のライセンス停止 JBC倫理委が処分決定
亀田処分出る日に会長はいない…
テリー伊藤TBSに苦言「実況が最低」…亀田戦中継
アッコ、亀田親子に「一度、離れてボクシングやったら?」
<ボクシング>初防衛の内藤「もう亀田家とは、やらない」
亀田大毅が敗戦の弁「今回は完敗やった。それは素直に認める」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。