2007年11月12日

DVDに写真集発売「ねこ鍋」 「癒される」ブーム「発火」

DVDに写真集発売「ねこ鍋」 「癒される」ブーム「発火
11月11日14時8分配信 J-CASTニュース

コネコたちの「激盛」となった「ねこ鍋」写真集の一場面

 ニコニコ動画に投稿された「ねこ鍋」が、DVDなども発売される人気になっている。「萌える」「癒される」。動画には、8万件にも近いコメントが寄せられる盛り上がりぶりだ。この人気に引っ張られるように、ネコにまつわる話題が次々に発掘され、にわかネコブームになっている。

■カレンダーやぬいぐるみの発売も予定

 コレをやっちゃマズイだろーー「ねこ鍋」と聞いて、フジ「とくダネ!」の小倉智昭キャスターが思わず勘違いしたような場面を目に浮かべる人はもう少ないだろう。ニコニコ動画に2007年8月5日に投稿された「ねこ鍋」が、ネット住人の世界を超え、社会現象になっているからだ。この動画は、みるみるアクセスを伸ばし、11月8日までについに再生70万回を突破した。

 「ねこ鍋」は、コネコ4匹が土鍋の中で丸まって眠る様子を映しただけの5分余の作品。ところが、その意外性が受け、一躍ネット住人のアイドルに。特に2〜4匹が一つの土鍋にまとまって眠る場面は、それぞれ「大盛」「特盛」「激盛」と呼ばれて評判になった。ニコニコ動画を運営するニワンゴの親会社のドワンゴによると、投稿者のハンドルネーム「エレファント」さんは、岩手県在住の女性。エレファントさんが夜中に土鍋の片付けをしていたところ、コネコたちが鍋の中に入ってきたのを面白く思って動画を撮った。コネコたちは、近所の河原で拾ってきたものだという。その後、続編も作られている。

 「ネコ好きの目線で撮って、コミカルで愛情あふれたコメントが付いたことが人気の理由では」とドワンゴの広報担当者。ドワンゴの別の子会社は10月24日、「ねこ鍋」を同名のDVDにして店頭販売を始め、11月8日までに3万枚を売るヒットになった。11月1日には、講談社から写真集「ねこ鍋」も発売され、ブームはさらに続いている。ドワンゴでは今後、カレンダーやぬいぐるみの発売も予定しているという。

■大阪から広まった「猫カフェ

 「ねこ鍋」の影響か、メディアでも、ネコが脚光を浴び始めた。


 例えば、2004年に大阪から広まった「猫カフェ」。テレビや新聞などで紹介され、07年9月15日には竹書房から同名の単行本まで出版された。猫カフェとは、コネコたちと遊びながら寛げる喫茶スペースのことだ。さらに、東京・お台場にあるネコのテーマパーク「ねこたまキャッツリビン」がスポットライトを浴びたり、和歌山県の無人駅の貴志駅で駅長を預かる三毛猫たまの写真集「たまの駅長だより」が集英社から10月10日に発売されたり。最近は、ネコもびっくりするような騒がしさになっている。

 なぜ、ネコが今こんなに人気を集めるのか。ネコに詳しいある獣医は、次のようにみる。

 「核家族化や一人暮らしのお年寄り増加で、人々がペットに癒しを求めるようになりました。家族の一員として、子どものように思っている人が多いようです。犬は1日に1、2回散歩させる必要がありますが、ネコはそれほど運動を必要とせず、室内で飼いやすいこともあります。特に、コネコはそれほど手間がかからないので、飼う人が増えているようですよ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000000-jct-ent


posted by ぴか at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。