2007年12月04日

<インフルエンザ>最も早い流行開始 定点調査「1人」超す

 全国約4700の医療機関から国立感染症研究所に報告されたインフルエンザ患者数が、11月19日〜25日の週(今年の第47週)に全国的な流行開始の指標である「定点(1医療機関)あたり1人」を超えたことが3日、感染研の定点調査で分かったそうです
調査が始まった87年以降では、95〜96年シーズンの第48週(11月26日〜12月2日)を上回り、最も早い流行開始となりました。

 感染研によると、11月19〜25日分の患者報告数は7162人で、1医療機関あたり1.53人(前週0.94人)で、

都道府県別では▽北海道12.6人▽岡山3.8人▽沖縄3.3人▽兵庫と和歌山3.0人▽神奈川2.6人▽千葉1.8人−−などで、ほぼ全国に拡大しているようです。

 ただし、過去の流行開始時期と流行規模は必ずしも一致していないので、今シーズンのインフルエンザが大流行となるかどうかは分からないそうですが、 厚生労働省によると、保育所から中学校までの教育機関のうち、今シーズンにインフルエンザで休校したのは先月24日までに計25校(昨年同期0校)。学年閉鎖は109校(同1校)、学級閉鎖は305校(同3校)に上り、昨年同期を大きく上回っているそうです。

インフルエンザの流行開始とピークの時期■
http://pikamama0911.seesaa.net/article/70993015.html

インフルエンザ予防のワクチン接種や、外出後の手洗いうがいを忘れないようにししましょう。うがいにはのどの感染を防ぎ、ウィルスを流す効果もあります。

また、インフルエンザSARSなどの呼吸器系ウイルスの感染を予防するには薬よりも手洗いやマスクの着用といった物理的な方法が効果的とも言われています。

その他、咳をする側のエチケットとして、ティッシュで口を押さえ、なるべく1メートル四方に人はいないところで咳やくしゃみをするようにしましょうという提言もあるようです。

<インフルエンザ>最も早い流行開始 定点調査「1人」超す

ウイルスの感染予防、薬より手洗いなどが効果的=研究
インフルエンザ流行の兆し 県内、例年より早まる恐れ


タミフル投与を受けた7割が日本…なぜ?2007年04月13日
<タミフル>「異常行動」128人、8人死亡 厚労省発表 
<タミフル>の使用10代には控えるというニュース

国立感染症研究所 感染症情報センター<インフルエンザhttp://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/index.html

インフルエンザインフルエンザの患者発生、流行予測、予防接種 ... http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/flu/index.html


posted by ぴか at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。