2007年12月17日

フィギュア・浅田真央選手、銀メダル

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル最終日の15日、浅田真央(17歳・愛知・中京大中京高)はフリーで巻き返し2位、3季連続のメダルを獲得しました。

浅田真央選手は、前日のショートプログラムで二つのジャンプに失敗し、まさかの最下位となりました。

浅田真央選手は最下位からどこまで上がれるのか、また、ライバルの韓国キム・ヨナ選手との差は5.58ポイント・・どこまで差を縮めることができるのか、大いに注目のフリー演技となりました。見るほうもドキドキ・・

浅田真央選手は冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を成功させたあと、ノーミスで演技を終了。フリーではトップとなりました。

そして、前日トップのキム・ヨナ選手のフリー演技。キム・ヨナ選手は3回転ループで転倒したものの総合得点196.83、浅田真央選手は191.59で、0.34差でキム・ヨナ選手の金、浅田真央選手の銀という結果に終わりました。

浅田真央選手の前日SP最下位からの銀メダル、本当に素晴らしいと思います!!

<フィギュア>浅田真央、試練乗り越えまた一つ成長


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。