2009年09月25日

「勝間和代を目指さない幸せ」 反「カツマー」本が30万部突破

「勝間和代を目指さない幸せ」 反「カツマー」本が30万部突破
2009年9月12日(土)10時9分配信 J-CASTニュース

経済評論家で公認会計士の勝間和代さん(40)のようになりたいと思って努力を重ね、成功を目指す人は「カツマー」と呼ばれている。

ところがみんながみんな、成功するとは限らない。「勝間和代を目指さないほうが幸せ」と説いた本も登場し、30万部を突破するベストセラーになっている。

押切もえ「私もすっかりカツマーです!」

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手の「ミクシィmixi)」には、「カツマー学校」「カツマー女子部」「ワーキングママ カツマー会」「関西カツマー読書会」といった熱心な「カツマー」が集まるコミュニティがいくつもある。

1635人が登録している「カツマー学校」には、テーマ別にプロジェクトチームが組まれている。ネット上で無料通話できる「スカイプ」を使った英語の勉強会、早朝読書会、毎朝5時の資格部、ITリテラシー部といろいろだ。

芸能界にもカツマーの輪が広がっている。勝間さんの親友として知られている歌手の広瀬香美さんは、勝間さんに誘われて「ツイッター」を始めるなどの影響を受けている。

モデルの押切もえさんは、ウエブ「アエラ」の2009年3月27日のコラムで、「私もすっかりカツマーです!」と宣言。以前から勝間本を読んでいたが、ラジオ番組で共演したことをきっかけに、一緒にごはんを食べに行く仲になったそうだ。勝間さんと話していると、「自分が本当にやりたいこともはっきり見えて、ぱっと道が開けるような感じでした」といっている。

勝間さんに憧れ、努力すれば成功すると思っているカツマー。

一方、「勝間和代を目指さないほうが幸せ」と真っ向から反論しているのが、精神科医の香山リカさんだ。

香山さんの著書『しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』(幻冬舎、09年7月30日発行)は、紀伊國屋書店新書週間ベストセラー(8月31日〜9月6日)で1位、オリコン書籍総合週間ランキング(9月14日付け)で4位にランクインした。9月現在の発行部数は31万2000部にのぼる。紀伊國屋書店で購入したお客の7割が女性で、30〜40歳代が全体の半数を占める。

努力できない人、思った通りの結果にならない人もいる

香山さんは本の中で、

「努力をしたくても、そもそもそうできない状況の人がいる。あるいは、努力をしても、すべての人が思った通りの結果にたどり着くわけではない」

とした上で、最近、そう考える人が減っていると指摘する。

人生が思い通りになっていない人の多くは努力が足りないわけではなく、病気になったり、勤めた会社が倒産したりという「不運な人」か、家庭環境などに恵まれず「努力できる状態になかった」という場合が多い。

成功している人も一歩間違えば、恵まれない状況だったかもしれない。にもかかわらず、成功者もそうでない人も、「失敗することなんてない、失敗する人は本人のせい」と強く思い続ければ、神経症など病的な状態に追い込まれてしまう、と警告している。

カツマーになって失敗したという人もいるようだ。

日刊ゲンダイは09年9月11日付けの紙面で、「カツマーになって身も心もボロボロです」という男女を紹介している。

徹子の部屋★香山リカ
話題の経済評論家・勝間和代さん、スタジオパークからこんにちは

★★★

)噂の深層 不平タラタラの中野美奈子アナ 寿退社かフリー転向か

押切もえ、野間口と破局、交際4年続きを読む
posted by ぴか at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年06月16日

日本語の素朴な疑問 『日本人の知らない日本語』刊行

日本語の素朴な疑問 『日本人の知らない日本語』刊行2009.3.25 08:15

日本人の知らない日本語:マンガ

日本人の知らない日本語』(メディアファクトリー) 日本で暮らす外国人が日本語学校で学ぶ姿を描いたコミックエッセー『日本人の知らない日本語』が刊行された。

著者は、日本語学校で外国人に日本語を教える海野凪子(なぎこ)さん。外国人の奇問や珍問との格闘が、イラストレーターの蛇蔵(へびぞう)さんの絵でユーモラスに再現されている。

 例えば助数詞。細く長いものは「1本」と数えると、中国人は「ヘビも1本ですね」と答える。正解は「1匹」。中国人はヘビも川も同じく「条」で数えるそうだが、日本人は生物か無生物で数え方を分ける。椅子(いす)は「1脚」と教えれば、外国人からは「便器も1脚?」と疑問の声が上がる。正解は「1据(すえ)」。

 外国人の素朴な「?」が、普段の暮らしで見過ごしていることを日本人に気づかせてくれる。メディアファクトリー、924円。

1. Amazon.co.jp: 日本人の知らない日本語: 蛇蔵&海野凪子: 本
2. コミックエッセイ劇場|「日本人の知らない日本語2」蛇蔵(構成・漫画 ...
3. Amazon.co.jp: 日本人の知らない日本語: 富田 隆行: 本
4. オンライン書店ビーケーワン:日本人の知らない日本語 なるほど?×爆笑 ...

★★★

★★★

感染力増すウイルス変異か〜国内患者、600人超える=24都道府県、新型インフル
感染症は「正しく怖がって」―新型インフルと「心のケア」

厚労省局長を逮捕 郵便不正事件
千葉市長に31歳熊谷氏初当選

★★★

ROOKIES卒業! 佐藤隆太

酒井法子に別居報道 「藤原紀香方式」で女優に本格復帰へ

木村拓哉に限界説

ふっくら蒸し鶏の香味ソース(ウチゴハン)
洋風マーボー豆腐(ウチゴハン・・卵・塩・牛乳だけで、簡単に手作り豆腐ができる!!)
『夏にぴったり!さっぱり鮭ご飯』 by dondon★クックパッド
『Cevicheセビーチェ 』 by Omamama★クックパッド

★★★

新型インフルエンザ

父の日 2009年
posted by ぴか at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年05月27日

村上春樹さん新刊、発売前増刷 文芸作品で異例の25万部に

村上春樹さん新刊、発売前増刷 文芸作品で異例の25万部に5月26日13時58分配信 産経新聞

 29日に発売の作家、村上春樹さんの7年ぶりの2巻組み長編「1Q84」について、発行元の新潮社は26日、予約が殺到しているため発売前から増刷を決め、発行部数が1巻25万部、2巻23万部になったと明らかにした。

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンでも、ネット書籍ストアでの予約が1万冊を突破している。

 初版は1巻20万部、2巻18万部で、各5万部の増刷。同書の内容は、著者の「予断を持たずに読んでほしい」との意向で明らかにされていない。

謎だらけ!村上春樹の最新作「1Q84」とは

村上春樹の最新作「1Q84」HP

Amazon.co.jp: 1Q84(1): 村上春樹: 本

ROBARTious: 1Q84
posted by ぴか at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2008年01月17日

芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん

芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん
1月17日1時19分配信 読売新聞

芥川賞を受賞した川上未映子さんと直木賞を受賞した桜庭一樹さん

 第138回芥川賞・直木賞日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞川上未映子(みえこ)さん(31)の「乳(ちち)と卵(らん)」(文学界12月号)、直木賞桜庭一樹(さくらば・かずき)さん(36)の「私の男」(文芸春秋刊)が決まった。

 川上さんは1976年、大阪府生まれで、2002年に歌手デビューし、詩や小説も発表。昨年、小説デビュー作などで第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞を受賞。今回2度目の候補で、栄冠を射止めた。

 受賞作は、豊胸手術をするため大阪から東京にいる妹のもとを訪れた39歳のホステスと、それに同行した小学生の娘の物語。狭いアパートで過ごした3日間を息の長い文体で描いた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000315-yom-soci

芥川賞純文学の新人に与えられる文学賞。大正時代を代表する小説家の一人芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木賞とともに創設し、以降年2回発表される。
受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2006年現在)が授与され、受賞作は『文藝春秋』に掲載される。

2007年現在の選考委員は池澤夏樹、石原慎太郎、小川洋子、川上弘美、黒井千次、高樹のぶ子、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名。選考会は、料亭・新喜楽の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。

直木賞:大衆文学の新人に与えられる文学賞。
授賞する作品は選考委員の合議によって決定され、受賞作は『オール讀物』に掲載される

芥川賞受賞川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 -、本名:川上 三枝子(読みは同じ))は、日本のミュージシャン、文筆家、小説家。自称、文筆歌手。関西弁を用いたリズムある文体が特徴で、自我をテーマとした作品が多い。永井均に影響を受けたと語っている。

直木賞受賞桜庭 一樹(さくらば かずき、女性、1971年7月26日 - )は、日本の小説家、ライトノベル作家。

posted by ぴか at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(2) |

2007年08月31日

中央公論文芸賞、満場一致で角田光代さん「八日目の蝉」

中央公論文芸賞、満場一致で角田光代さん「八日目の蝉」

 第2回中央公論文芸賞中央公論新社主催)の選考会が30日行われ、角田光代さん(40)の「八日目の蝉(せみ)」(中央公論新社刊)に決まった。副賞100万円。

 受賞作は、赤ちゃんを誘拐した女性の逃亡生活と、誘拐された女児の成人後を描き、親子のきずなとは何かを問いかけた。

 本紙に2005年11月から昨年7月まで連載された。選考会では「全編、ハラハラするようなリアリティーと迫力がある。技も力もある小説」と絶賛され、満場一致で選ばれた。

 贈呈式は10月18日午後6時、東京・丸の内のパレスホテルで。

(2007年8月30日19時36分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070830i412.htm?from=main4
posted by ぴか at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年03月17日

「生協の白石さん」

image0317.jpg
生協の白石さんという本が話題になったことがあります・・

2005年11月3日発売となっていたので、2005年から2006年の冬の間くらいでしょうか・・???

面白い題名だなぁあと思ってはいたのですが・・手にとることもなく・・そのまま歳月が流れ・・・

先週、図書館から「予約されていた‘生協の白石さん’が入ってますので、取りにいらしてください・・」と電話が・・

えっつ、???生協の白石さんて本を予約してたっけ???電話来るくらいだから予約してたんでしょう・・わーい(嬉しい顔)

人気ある本だと予約してから、半年くらい待たされることありです・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
ま、1年待ちってことはないので・・ここ半年以内に生協の白石さん予約してたんだろうなぁわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

とにかく、たぶん昨年の今頃話題になっていた「生協の白石さん」読みました

感想:今風に言うと・・チョー面白かった!!

ですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

東京農工大学(ぴかままのい従兄弟さん、卒業生です。大根踊り・・??が有名・・頭もよろしいとこ)の生協の一言カードに書かれている質問に対する、生協職員の回答・・がまとめられている・・という本なのですが・・

珍問・愚問・などもあるカードに対して、絶妙で粋な回答をしてくれる白石さん・・回答するのを楽しんでる感じも見受けられて
楽しい気分になる本でした

あとがきで、カードにこめられている「私・僕のことを見てね、注目してね」という気持ちをくみとって真摯に対応することは、家庭の中でも大事なことでは??という問いかけに、ドキッとすると共に・・そうだなぁと・・心に留めておこうと思ったのでした。

「生協の白石さん」著者:白石昌則 2005年11月2日
轄u談社


「僕にはまだはるが来ないのですが・・何とかしてください、白石さん」・・・回答にホロリ・・黒ハート

「私もっと(胸が)大きくなりたいんです。バストアップ用品を置いてください」・・・回答に大爆笑・・人影

「がんばれ生協の白石さん」プログ、まだあるのかなぁと思って探したらありました!!16日更新なっていました。感激(笑)
http://shiraishi.seesaa.net/

banner_02.gif
posted by ぴか at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年01月13日

寒い日は・・本を読もう^^

本を読むのは好きです

そんなに多読ではありませんが・・

今日、図書館から借りてきた本

私はいつも、図書館にパソコンから、読みたい本の予約を入れておきます

で、連絡が来たら、取りに行く・・わーい(嬉しい顔)

子供がまだ、赤ちゃんのとき、図書館に行っても、全然、ゆっくりできなくてもうやだ〜(悲しい顔)
そのとき以来、予約システム、利用するようになりました。
とっても便利わーい(嬉しい顔)

で、石田衣良 眠れぬ真珠

は2006年4月30日発行・・いつ予約してたんだろ( ̄△ ̄)

帯には「愛は経験じゃない・・恋は若さじゃない・・・45歳の女性版画家と17歳年下の青年。大人の女を、少女のように無防備にする、運命の恋・・」

だそうです黒ハート黒ハート黒ハート

まだ少ししか、読みすすめてませんが・・・

描写がなかなか・・す、すごいかも^^

ちょっと、くどいかしらん・・

ゆっくり読もうと思います・・楽しみ^^

美丘 石田 衣良  え、まだ読んでません。次回はこれにしよう


娼年(集英社) - 第126回直木賞候補作品  石田氏の著書の中で一番好きです


タグ:日記 プログ
posted by ぴか at 00:00 | Comment(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。