2007年08月19日

榮倉奈々、ダンスは吹き替えじゃない

榮倉奈々、ダンスは吹き替えじゃない

阿波DANCE」の初日で勝地涼のあいさつに笑顔の榮倉奈々

 女優・榮倉奈々(19)が18日、東京・渋谷アミューズCQNで主演映画阿波DANCE」(長江俊和監督)の公開初日舞台あいさつを行った。

 ヒップホップの素養がありながら、徳島に引っ越しをして阿波おどりに目覚める女子高校生・茜役の榮倉奈々(19)は「何も考えずに日本中が“アホ”になるくらい楽しんでほしい」とPR。阿波おどりの達人役の高橋克実(46)は吹き替えを暴露したが、榮倉は「私のダンスは吹き替えじゃないです。そう思われるとちょっと悔しい」と強調した。
(2007年8月19日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070818-OHT1T00168.htm

榮倉奈々がヒロイン…NHK「瞳」:

“顔グロヒップホップ女王”榮倉奈々

阿波DANCE★(あわだんす)8月25日(土)より全国公開される予定。
梗概徳島県鳴門市を舞台に、阿波踊り部所属の男子生徒・コージ(勝地涼)、東京から転校してきたヒップホップのダンスが得意な女子高生・茜(榮倉奈々)が、踊りを通じて交流を深め、2つの踊りを融合させた「阿波DANCE」を踊る。

勝地 涼★(かつぢ りょう、1986年8月20日 - )映画「亡国のイージス」(2005年)で第29回日本アカデミー賞新人賞を受賞。
永遠の仔(2000年、日本テレビ) - モウル(渡部篤郎の少年時代) 役 ハケンの品格(2007年、日本テレビ) - 浅野務 役
映画東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年)
posted by ぴか at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 榮倉奈々
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。