2007年12月19日

ALWAYS続編12部門で受賞…31回日本アカデミー賞

ALWAYS続編12部門で受賞…31回日本アカデミー賞

昨日18日、1978年の初開催から31回目を迎える日本アカデミー賞の優秀賞・新人俳優賞の発表がありました。

 一昨年の日本アカデミー賞を総なめした前作に続き、公開中の映画ALWAYS 続・三丁目の夕日」が13部門(外国作品、アニメーション作品を除く)中、優秀主演女優賞を除く12部門で優秀賞を受賞したそうです。

優秀助演女優賞は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」から堀北真希(19)と薬師丸ひろ子(43)。

そのほかの優秀作品賞は「キサラギ」「それでもボクはやってない」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」「眉山 −ビザン−」だそうです。

なお、年公開の邦画で興行収入トップ(81億1000万円)の「HERO」は、どの部門にも選出されませんでした。

 最優秀賞を発表する授賞式は来年2月15日にグランドプリンスホテル新高輪で開催され、司会は11年連続の関口宏(64)と昨年の最優秀主演女優賞の中谷美紀(31)のコンビだそうです。

昨年は、最優秀作品賞、最優秀監督賞(李 相日)、最優秀脚本賞(李 相日・羽原 大介)、最優秀助演女優賞(蒼井 優)を『フラガール』が受賞しています。ほかに、最優秀主演男優賞は『明日の記憶』の渡辺 謙、最優秀主演女優賞は『嫌われ松子の一生』の中谷 美紀さんでした。

ALWAYS続編12部門で受賞…31回日本アカデミー賞
「続・三丁目の夕日」観客動員300万突破で舞台あいさつ


松嶋主演「眉山」が上海国際映画祭出品
posted by ぴか at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本アカデミー賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。