2008年01月31日

「餃子で被害」17都道府県85人に さらに拡大へ

「餃子で被害」17都道府県85人に さらに拡大へ1月31日16時6分配信 産経新聞


 中国製ギョーザ中毒事件で、厚生労働省は31日、全都道府県に同様の事例の報告を指示するとともに、製造元の中国・河北省の「天洋食品」からギョーザ以外の食品を輸入していた計19社の社名と品名を公表、自治体を通じて各社に販売中止を要請した。

・ 各自治体で被害の訴えなどを集計しているが、北海道、福島県、埼玉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、沖縄県などで新たに「中国製ギョーザなどを食べて体調が悪くなった」との届け出があることが産経新聞の調べで分かった。これまでの不調の訴えは、17都道府県85人に上っている。
 いずれも31日昼までの途中集計であることから、届け出はさらに増えそうだ。
 厚労省が社名を公表した19社には含まれていないが、マルハ日本ハム日本食研も同日、天洋食品の工場から原料を調達していたとして、商品を自主回収すると発表した。舛添要一厚労相は「冷蔵庫を見て、(回収対象の商品は)絶対に口にしないでほしい」と国民に呼び掛けている。
 各地の保健所には、問題が発覚した30日夕以降、同様の被害情報が複数寄せられており、厚労省は各都道府県の担当課に電子メールで情報提供を要請。同じ冷凍ギョーザが原因とみられるケースが含まれていないかどうか確認を急ぐ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000932-san-soci

各地で「不調」訴え相次ぐ=保健所などが調査−中国製ギョーザ

中国製ギョーザ食べ10人入院=千葉、兵庫の親子、腹痛や吐き気−農薬成分検出
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。