2010年10月08日

ノーベル化学賞 好対照の「同窓生」 鈴木章氏、根岸英一氏

ノーベル化学賞 好対照の「同窓生」 鈴木章氏、根岸英一氏産経新聞 10月7日(木)16時53分配信

受賞会見を行う根岸氏

 ■鈴木さん その道ひと筋に/根岸さん 永遠の楽天主義

 有機合成の研究で、日本人として2年ぶりのノーベル化学賞受賞が決まった北海道大名誉教授の鈴木章さん(80)と、米パデュー大特別教授の根岸英一さん(75)は、かつてパデュー大で同じ指導教官に学んだ。その後日米に分かれ、世界的業績を挙げた2人を、周囲は「好対照の同窓生」と評する。

 自身も2001(平成13)年に化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長は、両氏をよく知る一人。2人の性格は「相当違う」と言う。

 鈴木さんは「純日本人でその道ひと筋の人」。留学の2年間を除いてほとんどの研究人生を北大で過ごした。本人による受賞の感想は「非常にラッキー。ほかの研究者がいい仕事をしているのに申し訳ない」と控えめ。親交のある柴崎正勝・東京大名誉教授は「能力を表に出さず、心に秘めている」と語る。

 一方の根岸さんについて、野依さんは「行動も発言もきびきび」。「研究を極めたい」と渡った米国での生活は半世紀近くになる。

 「究極の楽天家だと思う」と話すのは、三上幸一・東京工業大教授。根岸さんは還暦を祝うパーティーの際、編集された書物に「人生の目的は(略)、永遠の楽天主義で幸福を追求すること。しかし科学における真理の追求と同じで、何が幸福で何が真理かは誰にも分かっていない。神のみぞ知る」との文章を寄せた。

 そんな2人の受賞を後押ししたのは、パデュー大の指導教官で、1979年にやはり化学賞を受けた故ハーバート・ブラウン博士。2人が学んだ時期は違うが、受賞決定後の喜びの会見ではともに、同博士から「ノーベル賞にノミネートしたいと言われた」と、恩師との思い出を明かした。

 鈴木さんの「教科書に載るような研究を」という口癖は、ブラウン博士から受け継いだもの。根岸さんの「永遠の楽天主義」も同博士の影響という。教えをそれぞれが温めた結果は、医薬品、液晶材料など、命や生活を支えるさまざまな製品の基礎技術として実を結んだ。

ノーベル化学賞 根岸さんうっすら涙 「来るものが来た」
ノーベル化学賞・鈴木章さん一問一答
根岸・鈴木氏、特許取得せず…栄誉の道開く一因

ザック攻撃改革 世界レベルのパス回しに“縦の意識”スポニチアネックス

上戸彩、EXILE・HIROと熱愛
“秋ドラマ”期待度ランキング、1位は人気医療ドラマ『医龍3』
posted by ぴか at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞

2009年10月10日

ノーベル文学賞 ミュラーさん会見…旧独裁体制を非難

ノーベル文学賞 ミュラーさん会見…旧独裁体制を非難10月9日10時54分配信 毎日新聞

ノーベル文学賞の受賞が決まり、記者会見に姿を見せたヘルタ・ミュラーさん=ベルリンで2009年10月8日、小谷守彦撮影
 ノーベル文学賞の受賞が決まったルーマニア出身のドイツ人作家、ヘルタ・ミュラーさん(56)は8日、自宅のあるベルリン市内で記者会見した。作品のテーマとして取り上げ続けてきたルーマニア旧独裁体制の市民への弾圧について、「時が過ぎても(独裁の事実が)記憶から過ぎ去ることはない」と目を潤ませながら語った。【ベルリン小谷守彦】

【特集】ニュースと写真で分かりやすく ノーベル賞

 ミュラーさんへの授賞はドイツで、冷戦終結の転機となった「ベルリンの壁」崩壊20周年にちなむ朗報として受け止められた。ケーラー独大統領は「20年前、東欧の独裁体制が終わったことを我々に想起させる」とコメント。旧東ドイツの独裁への非難を繰り返してきたメルケル首相も「壁崩壊20年に、忘却に逆らおうとする者をたたえることは重要なメッセージだ」とほめたたえた。

 ルーマニアのドイツ語圏に生まれ育ったミュラーさんは80年代に著作を発禁処分にされ、家宅捜索や尋問を繰り返し受け、87年、故郷を離れ、当時の西ベルリンに移り住んだ。移住後もチャウシェスク政権が崩壊する89年末までは秘密情報員から殺害の脅迫を受けており、こうした被弾圧体験が作品群を大きく性格付けている。

 ミュラーさんは「独裁下で生き延びることができなかった友が私にもいる。問題なのは、まだそうした歴史を直視しない人々がルーマニアにいることだ」と弾圧側に回った人々を非難した。

 さらに「ナチスの強制収容所、軍事独裁、数々のイスラム国に存在する神がかりな独裁、こうした歴史的な破局が多くの人々を巻き込んだ。破局が記憶から消え去ることはない」とも語った。

 受賞決定の感想を問われたミュラーさんは「まだ信じられない。気持ちを整理するのに時間が必要」と語った。だが、歴史に残る大作家に名を連ねた感想を尋ねられると「心に浮かんだことを著作にしただけ。大作家のギャラリーに思いをめぐらすほど私の頭は大きくはない」と小さな頭を指さし、満面に笑みをみせた。


★★★

キムタクの母親が朝日新聞の「ひと」欄に登場のりピー本の出版ラッシュ 気になる内容とその見所

注目番組の視聴率(ウェルかめ・・)
posted by ぴか at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞

オバマ大統領にノーベル平和賞 期待と疑問視

オバマ大統領にノーベル平和賞 期待と疑問視10月10日7時57分配信 産経新聞

 ■「米の印象、変えようと努力」「むしろ指導力発揮を」

 オバマ米大統領受賞の報は即座に世界中を駆け巡った。それへの反応は、「期待」と受賞を疑問視する声とが交錯している。

 【ワシントン=有元隆志】米メディアは9日早朝から受賞を速報で伝えた。ホワイトハウス担当記者や専門家らは、国内外で高い人気を誇る大統領への強い期待の表れが受賞に結びついたとの見方を示した。

 CNNテレビは大統領が就任以来、イランなど「敵対国家」との対話や、中東和平の仲介に努めているほか、ブッシュ前大統領が「単独行動主義」と批判されたため、世界に与える米国の印象を変えようと取り組んできたことが評価された、と分析した。

 また、過去に現職大統領として平和賞を受賞したセオドア・ルーズベルト元大統領(日露戦争で日本・ロシア間を調停)、ウィルソン元大統領(国際連盟の設立に尽力)が具体的な実績を評価されたのに比べ、就任1年未満のオバマ大統領の受賞は、今後への期待が込められているとした。

 一方、MSNBCテレビのキャスターで、元共和党下院議員のジョー・スカボロー氏は、ソ連との間で中距離核戦力(INF)全廃条約を締結するなど、核問題で実績を挙げた共和党のレーガン元大統領は受賞していないと指摘。「世界の指導者たちはむしろ大統領に指導力を発揮してもらいたいと思っている」と皮肉たっぷりにコメントした。

 オバマ大統領の地元で、五輪招致に失敗したばかりのシカゴにとっては、思いがけない「栄誉」を手にした形となった。シカゴ出身の黒人運動指導者で元大統領候補のジェシー・ジャクソン師は地元シカゴのラジオ局のインタビューで「大統領は米国と平和との間に立ちはだかっていた壁をたたき壊した。十分に受賞に値する」と述べた。

                   ◇

 ■「市民殺害のノーベル賞」

 アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンのスポークスマンは、「オバマ氏は“武力衝突のエスカレートと市民殺害のノーベル賞”を受賞すべきだった」と述べ、決定を非難した。ロイター通信に電話で語った。スポークスマンは、アフガンに2万人以上を派兵して戦争を拡大した人物に平和賞授与は「ばかげている」と批判した。(ニューデリー 田北真樹子)

最終更新:10月10日11時46分

<ノーベル平和賞>オバマ氏「深く謙虚に受け止め」と声明

★★★

キムタクの母親が朝日新聞の「ひと」欄に登場のりピー本の出版ラッシュ 気になる内容とその見所

注目番組の視聴率(ウェルかめ・・)
posted by ぴか at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞

2008年10月09日

<ノーベル物理学賞>受賞3人の著書、増刷決まる

<ノーベル化学賞>下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
物理学賞:益川教授ら日本人3氏に授与


<ノーベル物理学賞>受賞3人の著書、増刷決まる10月8日18時12分配信 毎日新聞

ノーベル物理学賞の受賞が決まった京都産業大理学部の益川敏英教授、高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)の小林誠名誉教授、南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授

 ノーベル賞を受賞した3人の著書が相次いで増刷されることが決まった。

95年に益川敏英さんの「現代の物質観とアインシュタインの夢」(1260円)を出版した岩波書店は7日夜、緊急に2000部を増刷することを決めた。

「書店から問い合わせが殺到している。1週間で大至急準備したい」と話した。

 南部陽一郎さんと小林誠さんのそれぞれの著書を出版している講談社も8日朝、増刷を決めた。

81年出版の南部さんの「クォーク」(1155円)は2万部、97年出版の小林さんの「消えた反物質」(861円)は1万部を新たに印刷する。

「消えた反物質」の編集を担当した堀越俊一さん(46)は「興味がなかった人にも手にとってほしいが、読み応えは相当あります」と話した。

 書店でも問い合わせや特設コーナー設置の準備に追われている。東京都千代田区の丸善丸の内本店では、午前9時の開店後すぐに、在庫が1冊だけあった南部さんの「クォーク」が売れたという。顧客から問い合わせがあるが、他の受賞者の著作も含めて在庫がなく、増刷を待っているという。理工書の担当者は「取り寄せ次第、特集記事の載った科学雑誌などと合わせて特設コーナーを設けたい」と話している。【石丸整、長野宏美】

posted by ぴか at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。