2009年05月28日

作家、栗本薫さんが死去

<訃報>栗本薫さん56歳=作家 世界最長の「グイン・サーガ」は未完に5月27日11時41分配信 毎日新聞

栗本薫さん

 「グイン・サーガ」「ぼくらの時代」などの作家、栗本薫(くりもと・かおる、本名・今岡純代=いまおか・すみよ)さんが26日午後7時18分、すい臓がんのため死去した。56歳。葬儀の日程などは未定。

 早稲田大文学部卒業後、76年に評論「パロディの起源と進化」でデビュー。78年に「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞を受賞。79年から長編ファンタジー小説「グイン・サーガ」を発表、4月には126巻「黒衣の女王」を発売したばかりで、一人の作家の作品としては世界最長のシリーズだったが未完に終わった。

 「中島梓」名義で評論活動を展開、08年には自らのがん闘病をつづった「ガン病棟のピーターラビット」(ポプラ社)も発表している。

★★★

作家、栗本薫さんが死去
MSN産経ニュース

 ミステリーや時代小説などで知られた作家の栗本薫(くりもと・かおる、本名・今岡純代=いまおか・すみよ)さんが26日午後7時18分、膵臓がんのため東京都内の病院で死去した。56歳。

通夜は29日午後6時、葬儀・告別式は30日、近親者のみの密葬で行い、後日お別れの会を予定している。喪主は夫、今岡清(いまおか・きよし)氏。

 評論家として中島梓(なかじま・あずさ)の名前でも活躍した。

 平成19年に膵臓がんがわかり、闘病していた。

 栗本さんは昭和28年、東京都葛飾区生まれ。早大文学部卒。51年に「都筑道夫の生活と推理」で第2回幻影城新人賞評論部門佳作。

 52年、中島梓のペンネームで「文学の輪郭」という評論で「群像」新人賞(評論部門)を受賞し、文芸評論家としてデビューした。

 53年には「栗本薫」名の「ぼくらの時代」で第24回江戸川乱歩賞を受賞

 評論では純文学からSF、漫画まで幅広く手がけた。「中島梓」と「栗本薫」の2つのペンネームを使い分け、「中島梓」では純文学をメーンに評論やエッセー、「栗本薫」としては主に推理小説やSFを執筆してきた。

 ヒョウの頭で人力でははぐことができない仮面を付けた英雄を主人公とした「グイン・サーガ」は100巻を超すロングセラーになった。

 ロックや漫画、ミステリーが好きでプロ野球の巨人ファン。テレビのクイズ番組でも活躍した。

栗本薫 - Wikipedia

神楽坂倶楽部INDEX

★★★

元アナウンサーの頼近美津子さんが死去5月19日
posted by ぴか at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報・栗本薫
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。